head_navi
| Home | 製品紹介 | ダウンロード | アーチスト | お問い合せ | Blog
| 会社紹介 | ユーザー登録

2012 Limited Editions For Saturn SE Series 佐竹さんがサウンドチェック!!
Pro Shop owner Mr. Satake sits down to play and talk
about the New Saturn SE ( Special Edition) Series drums.

プロドラマーであり皆さんご存知の中部地方では唯一のドラム、パーカッション専門店 サタケズ ドラムショップのオーナーでもある佐竹伸泰さんに先ごろ発売されましたサターンSE 2012年の限定セットを5月30日ショップの定休日にわざわざメイぺックスジャパンの地下スタジオまで来ていただきサウンドチェックしていただきました。
サウンドはYouTubeにて確認できます。以下はインタヴュー形式で、厳しい佐竹さんのご意見を拝借。
メイペックスの代取であります島野が佐竹さんの長いプロ経験から判断して頂ける美味しい所を普段なかなか教えてもらえないポイントも随所に。中年ドラマー対談の様相に成ってしまいましたが、、、それでは、

佐竹:
お久しぶり!!ではないですね。ほぼ毎週、島野さんとはお会いしてますね。ご存知の通り、当店はこの5月28日でオープン25周年になりますが、島野さんとはオープン前からのお付き合いですから27〜8年経ってますね。長い付き合いに成ってきましたね。
島野:
キャプテンビヨンが22年、メイペックスジャパンが21年経過してますが、以前に勤めていた会社からのお付き合いですから。
サタケドラムショップみたいに25周年を迎えるにはそれ相当の苦労と努力がないと続けられませんから、本当におめでとうと言いたいですし尊敬してます。
佐竹さんのホームページの25周年の所にも書いてありましたが、開店後に生まれた方達や昔の常連の方が親子で来店される事も多くなり融世の感します。と書いてあり、お互い同い年と言う事もあって何故か長続きしてますね。プレイジャンルやドラムのポリシーみたいな所は違いますが、結構昔のドラムメーカー、今ではヴィンテージですが、あの頃のドラム全般の機能やサウンド、使いにくさとかの意見が一致してますね。
 
佐竹:
最近のドラムの品質水準はかなり高くて、どのメーカーでも十分使えるクオリティーになってきましたし、最近Mapexは次から次に新しい商品が発売されてますが、ブラックパンサーのスネアやファルコンペダル、ラプターペダルなどは島野さんのポリシーが随所に出てて、ドラマーならでは、特に昔の太鼓を知っていないと解らない微妙なポイントや繊細さで商品化しているみたいな気がします。つまり使い勝手が良いとか昔のドラムには無かった考え方、プロのためだけじゃなく、アマチュアのレベルを熟知した開発が感じ取れますね。ブラックパンサースネアやファルコンペダルは、はっきりわかり易いコンセプトで商品化していてブレていない所が好きですよ。うちでは全て店頭に並べる前に、有る程度分解して、不良品を売りたくないから、再度セットアップした状態で販売してますので、各社の考え方が比較的理解できますね。ここまでドラム業界が長い歴史に成ってくると、メーカーの開発ポイントもはっきりしていない所はだめに成って来てますし。
発売数年でシェルのコンセプトが大きく変わるメーカーや流行の材を使えばなんでも良いみたいな傾向もあります。
島野:
そうですね。私は自分が理想とするドラムやハードウエアーが作りたくて独立したのですが、メイペックスは運良くほぼ最初から開発やデザイン、パテントなども担当しましたのでラッキーでした。最初の頃考えてた事は、メイペックスは世界で戦えるドラムの商品化、ビヨンドは私の個人的なポリシーで製品化してます。
メイペックスは”今”に敏感なドラムの開発、ビヨンドは古き良き時代の美味しい所のみを生かし、現代の高精度なパーツを組み合わせた楽器です。
実は2011年のアメリカの市場でメイペックスは販売数量で全米3番目に成りました。1番がタマさん、2番がグレッチです。
この1番から3番まではすごい競争で、タマさんが1番に成った事はOBとしてもすごくうれしいです。長年の努力とブレない方針でお客さんが付いたと思います。グレッチは今のお父さん世代の憧れで子供がドラムを始めるにあたってお父さんの推薦がグレッチなんでしようね。勿論販売はフェンダーUSAですから営業力もあります。このような状況でメイペックスが3番手に付けた事はやはり嬉しいですし、少し前のアメリカ市場のブランドも大きく変わって来たみたいですね。それと上位ブランドはくどいようですが、ブレなく一貫したポリシーが評価されたのではないでしょうかね?
日本でももっと頑張らなくてはいけないのですが、、、
 
佐竹:
さっきスタジオで叩いたサターンSEですが、これも島野さんらしいスペックですね。やはりいつの時代もメイプルかバーチが本流で、このサターンはバーチとウォルナット、アウターはすごい綺麗な杢目のフィギュアードメイプルの豪華3素材のシェルですね。
バーチの低音の艶、ウォルナットのドライ感、メイプルの粘り感が印象的です。おせいじじゃなく、本当に色んなシェルをハイブリットして、シェルの厚さやベアリングエッジ、シェルの乾燥、いわゆる含水率もしっかりチェックして、納得の上にこの仕様に成ったみたいですね。叩いていてそんな印象が最初に感じました。
島野:
ありがとさんです。シェルの組み合わせは昔からトライしていて、個人的にウォルナットのサウンドが好きで、それと他社では殆ど使って無いし、コストは高いですがあえてメイペックスの特徴としてもいいんじゃないか?って感じで。それとプロはまず耳がすごく良いですね。当然色んなドラムの素材を叩いていますので、違いや繊細なトーンニュアンスやサスティーンまでもすぐに評価されます。うまいドラマーはまず耳がすごくいいですね。実際久しぶりにこだわったポイントがこのシェルのコンストラクションです。
最終このシェル構成で決定したのですが、沢山のプロドラマーの意見と私の偏見的な好みも取り入れて、また各国の代理店にも了解をもらって。見たいな感じです。3年前にプロジェクトはスタートしました。
 
佐竹:
セットの打面にはエンペラークリアー、ボトムがアンバサダーのクリアーでしたから、僕にはちょっとキツかったですが、コーティングヘッドなら
僕は納得ですが、、ロック系のドラマーならこれでOkay。島野さんの言うウォルナットがインナープライにしてある所がサターンSEの特徴でもあって、バーチの低音感とウォルナットのドライ感がすごく個性的で、バーチのややダークな面をこのウォルナットが補正していて、それでいて欲しい迫力はこのバーチじゃないと出せないみたいな。
明るくてパンチのあるサウンドが印象です。それとドラムサウンドには欠かせない迫力がありますね。
各タムの分離もしっかりしていますので、繊細なチューニングじゃなくても簡単に調整できましたし、それとシェルキット合計定価で38.7万円、定価が一括購入でで28.2万まで安くなってます。消費者はこれから値引きが多少でもあるからその気になれば。これはショップの立場でも、この点数、品質で30万以下は安いとおもいます。それとカラーはどれくらいありますか?
島野:
一応4色用意いたしました。今日叩いてもらったブルー系、あとはワイン調の赤系、定番のウォールナット色の茶系、それと個人的にお勧めが日本茶を意識したグリーン系の4色です。20年位前はグリーン系は市場でもなかなか売れなかったですが、最近はこの手のグリーンが他の定番のカラーと同じ様に受けいれられてきました。勿論このシリーズはややアダルトなドラマーさんをターゲットしてますし、AAAのフィギュアードメイプルの杢目が派手ですから、全体的におとなしい仕上げにしてます。ですがメリディアンシリーズの方は若者ターゲットですから、地味目の色は当然ですが、バーストでスパークル仕様みたいな、結構派手派手の色も有ります。サターンはメイペックスの最高峰ではないですが、メイペックスのプロラインの中では1番売れてます。サウンドクオリティーは正直最高級です。基本的に買える価格帯に押さえて十分なクオリティーがあれば、メイペックスを評価してもらいやすいですからね。2012年はこのSATURNとMERIDIAN Seriesをプッシュします。
 
佐竹:
今回は22x18のバスですが20”のバスドラムに興味があります。ジャズも最近ステージはもろジャズばかりでなくなってきて、歌物やフュージョンぽいものもやりますので20x14か20x16あたりで叩いてみたいですね。それと僕らは昔からバスドラムにタムホルダーでタムを吊るセットが標準ですから、スタンドからセットするのはあまり好きじゃないですが。
島野:
特にトッププロ達は各ドラムの音的な面をそれぞれ分離することが流行で、それでバスドラムにはタムホルダーを使用しない仕様に決めました。
ですが、単品のラインナップは標準装備でタムホルダーブラケットがマウントされてます。勿論無しもありますが。
 
佐竹:
なるほど。全体的な評価として、他社を意識したり、コピーしたりしてない所は高評価です。それと価格も良いです。
メイペックスは全体的にどのシリーズ問わず、バスドラムのパワーと言うか迫力は抜群です。お客さんもメイペックスのイメージが変わってきてます。
昔は安物主体の印象でしたが、ここ数年は高評価です。ブラックパンサースネアとファルコンペダルの成功でイメージも変わってきてます。
日本のビッグ3と戦えるポテンシャルも十分育ってきてますので、今後を期待したいですね。
島野:
ありがとうございます。おじさんドラマーの対談みたいに成ってしまいましたが、今後共、親父ドラマー健在と言う事で若手ドラマーの邪魔にならない程度に、ドラマーとして、経営者として、互いに良い老後のためにももう少しこの業界で頑張りましよう。本日はありがとうございました。
 
PS.,
インタビュー終了後、佐竹さんにお願いして、Black Panther Snare DrumのSound Checkをお願いしました。
近い将来また掲載いたしますので宜しくお願いします。
   



サタケズドラムショップ25周年 アニバーザリ プレゼント セール開催中

  只今5月26日から6月30日まで25周年アニバサリー プレゼント セール開催中です。
ショップ開店25周年を記念して3,000円以上お買い上げの方に、オリジナルメタルプレート付きチューニングキーがもらえるそうです。
それとオリジナルネームタグも作られたそうで、以前スネアやドラムペダルを購入された方で、もらわなかった方にもプレゼントしてくれるそうです。この機会に是非きてください。との事です。
詳細等は直接電話かメールにてお願いします。


サタケズ ドラムショップ 恒例の試打会にて。
日時:8月11日から14日
時間:AM11:00〜
SATURN SEが実際に叩けます。
来る8月11日から14日まで、サタケズ ドラムショップにて恒例の試打会で佐竹さんが試打して頂きました同じサターンSEセットが叩けます。
自分で叩いて実際のサウンドを体感してください。
詳細その他の質問は直接ショップの方にお願いします。
● サタケズ ドラムショップさんへの質問は恐縮ですが直接お店までお願いします。
● ドラム教室や佐竹伸泰さんのライブスケジュール等は直接サタケさんのホームページに
  詳細が掲載されておりますので、直接閲覧ください。
 
Satake’s Drum Shop
〒464-0855
愛知県名古屋市千種区千種通7-101 コヲノビル
TEL : 052-733-5268
水曜定休日
>>http://www.satake-drum.com/home/home.html

◆佐竹伸泰さんプロフィール
京都の大学入学と同時に軽音楽部に入部。ジャズドラムを始める。 卒業後日野基彦氏に師事。同時にプロに転向。京阪神での活動開始。 これに並行して名古屋の森田利久4にも参加。京阪神、名古屋で活動。 現在もプロドラマーとしてライブやレコーディング等にも参加しつづけ ショップ経営と同時並行に活動中。  


footer